相次ぐ天災地変、次は阿蘇山の噴火か? ( 広島県 )

          相次ぐ天災地変、次は阿蘇山の噴火か?

 近年、天災地変が続いて居る。東北地方太平洋沖海底大地震が起き、大津波が発生し、2万人近い人が亡く成り、数多の家屋が20分程でを流された、福島の原発事故も起き、民主党の当時首相の菅直人氏が日本の全原発を停めて仕舞って、日本から流れ出た国富は25兆円。その金が中東の産油国の動乱で武器や弾薬に消えた。北九州で大地震が連発し停電が起き、鹿児島県知事が怯え川内原発を停めろと文句を言うた。停めたら断層跨ぐ鉄塔が倒壊し南九州がブラックアウト大停電に成り、川内原発の原子炉を冷やすのに非常用電源を使う羽目に。大阪北部地震が起き、停電に成って、充電式の懐中電灯が役立たずで、集中豪雨で河川が氾濫し避難所に避難するも避難所が停電が起き、台風21号でトタン屋根が吹っ飛んで電線に引っ掛かって火花が出て、停電が起きた。北海道で大地震が揺って、火力発電所が壊れブラックアウト大停電が起きた。次は阿蘇山の噴火か?動物の絶滅は天災地変丈では無い、人が烏を繁殖させ、烏が野鳥を絶滅させる例も有る。人も絶滅し無い保証が無い。

 広島に住む住民四名が四国電力伊方原発運転差し止め仮処分訴訟を広島地裁に起こし、敗訴に成って広島高裁に上告した、広島高裁は火山噴火のリスクが充分に小さいとは言え無いと期限を付けて決定を出した。充分に小さい確率は幾らか、九月三十日迄は危険で十月一日から安全に成る道理が判ら無い。火砕流が海を渡り山御を越えて伊方に迄達するのなら九州と四国は既に地続きの筈。避難命令が二度も出て居て被爆するとは。阿蘇山カルデラ破局的大噴火なら九州全土壊滅の異常な程に巨大な天災地変に類する。国を被告に入れた裁判が必要な筈、日本全土が降灰し停電が起きる大事、仮処分でする裁判では無い。原発を停める法律は原子炉等規制法、原子力規制委員会設置法、原子力規制委員会も被告にした行政訴訟で行うが道理。原子炉メーカーの犯した原子炉の不備の罪で電力会社を罰するは見当違い。

 裁判は既に起きた事故や事件の罪を裁くもの、未だ起きぬ未来の事故や事件を裁くは極めて異例。原子力規制基準が脆弱で原子炉設置審査が不合理で原子炉の設置を認め無、原子炉に欠陥が有り危険で動かしては成ら無いと言うは被告を間違えて居る、民事保全法違反。福島の原発事故を持ち出して原子炉は危険だと言うは、東京電力アメリカのGEも被告に入れて居なければ成ら無い。メーカーも型式も違う原子炉を同じに観るは間違い。伊方原発訴訟には最高裁判例が既に有る。高裁が最高裁判例を無視するは無礼で有る。未来の事は行政や国会で議論すべき事。裁判官は日本国憲法で謳う三権分立を履き違えて居る。仮処分に必須の急迫の危険の立証を原告にさせずに、被告に危険の不在の立証を求めた誤審。

 暫く前までは、北朝鮮は水爆実験を何回もし、大陸間弾道ミサイルICBMの発射試験も行なって居た。日本上空を通過するICBMは日本は迎撃しない。水爆が日本に落ちて来る危険を招く。空母が日本海に集結し軍事衝突かと思いきや、米軍の家族を密かに退去さす事が必要、其れが漏れると攻撃が失敗に繋がる。北朝鮮の核の廃棄費用、核開発に使った資金の試算を調査機関が既に行って居る。20兆円で日本に供与の話も有った。300兆円とも囁かれて居る、問題は誰が出すかで有る。只では核を廃棄にする筈も無い、トランプ大統領は1ドルも出す気が無い。中国やロシアが出すと支援して居たと国際的な誤解を招くので出さ無い、日本帝国軍は当時解体されて居て、連合国に入って居無い。蚊帳の外の存在。日本が国際原子力機構の査察の費用を肩代わりしても良いと言ったら、北朝鮮に門外漢は口出しするなと叱られた。北朝鮮が言うが正しい、金が無ければ国連に要請するが道理。韓国が全額出すが道理では有るが、韓国は出したくとも経済的余力が無い。結局国連は分担金の率で各国に振り分ける事に、日本は米国の分も肩代わりさせられ莫大な巨費の拠出と成る。北朝鮮は国連に\xA4

牢脅佞鮟劼戮襪❶∉䡄椶砲榔扮鵑貿綵類伴婪瓩魑瓩畭海院〙巴徃鏗下圓盖△辰突茲襪箸六廚㉜気ぁJ胴颪涼羇崛ź鵑ⅸĽ錣襪肇肇薀鵐彗臈閎里眛阿Ⅸ个后↗轡螢△縫肇泪曄璽哿毅紅唎魴發噌類鵑請偉磴ⓜ④襦J胴颪ⓕ䡄椶琉豬發鯊圓疎海韻人佑法~燭ǂ鯊圓辰撞錣覯椎柔④睛④襦\xA3

 中東で動乱が起きそうで有る、イラクへの禁輸は国際法では宣戦布告とも取れる。ホルムズ海峡の機雷封鎖も囁枯れて居る、油断が起きると日本は一大事オイルショックの再来、ネオンサインが消えテレビが放送を一部停める。法規制付きの節電や計画停電の計画が始まる。原発を停めた顛末でも有る。エネルギーの安全保障の欠落でも有る。北海道で実際にブラックアウト大停電が起きた。マニュアルかして回避訓練をして置く必要も有る。北朝鮮のミサイルが原発に飛んで来るので停めろと訴訟を起した住民が居た。法律が「整備されて居ない理由で破毀された。北朝鮮のミサイルが飛んで来るは戦争が始まった事は意味する、国家の有事の大事を仮処分で裁判するとは。

 クラカトアの噴火を描いた映画にジャワの東が有る。                                            

  1883年のシンガポール港。ドックには汽船バタビア・クイーン号が停泊していた。船では船長のハンソン(マクシミリアン・シェル)が乗船する人々をチェックし、1等航海士ヤコブが忙しく動き回っていた。乗船するのは、気球を操作する冒険家ボーギスと息子のレオンカバロ。日本人海女トシたち。潜水器を考案した科学者リグビー、続いて30人の囚人たち。最後に歌手のチャーリー、潜水夫ハリー、そしてローラ(ダイアン・ベーカー)が乗ってきた。彼らはシンガポールを経て地図にのっていない大海を渡り、地上最大の火山クラカトア島の冒険に行くのである。目的はクラカトア島で行方不明になったローラの夫の捜索と高価な宝物の入った箱を捜し出すことであった。ハンソン船長は人手不足から囚人の中からダンジクを特別扱いにし、旅行中は自由にさせた。船は出航した。船内ではさまざまな人間模様が展開された。そしてローラが夫の行方不明で精神錯乱し、精神病院に入っていたことも暴露された。それにより何人かの人は船をシンガポールに戻すことを望んだ。が、ハンソン船長は宝物を必ず発見してみんなに分け前を与えることを約束し、彼らの動揺をおさ

えた。船はクラカトア島に着いた。一行はさっそく失われた宝や沈んだ船の捜査を始めた。ボーギス親子は、気球で空からの捜査を始めた。海中ではリグビーはじめ海女や水夫たちが行動を開始した。数日が空しく過ぎた。ある日ボーギス親子は船らしいものを発見したが、その瞬間プロペラが壊れ、2人はかろうじて脱出した。一方リグビーの乗った潜水器の命綱がきれた。ハンソン船長以下の働きで、事なきをえて、全員で船の引き上げ作業にあたった。が、この時ダンジクと囚人たちは、船長たちのいないことをいいことに鉄砲を強奪、反乱を起こした。だが、船長たちの逆襲で、それはおさまった。引き上げられた船からはローラの息子ピーターの手紙が発見された。その手紙をもとに一行は噴火する火山の真下にある村に向かった。そこで漂流している舟の中にピーターを発見、彼は宝の箱を持っていた。船長は約束どおり宝を分配した。が突然、クラカトア島は大噴火を起こし、津波が生じた。人々は身に危険を感じ、あるものは船を下り島に向かった。噴火する島と巨大な津波にはさまれて、船は木の葉のように揺れた。しかし、ハリソン船長の的確な指示、人々の勇気で、一行は無事、

その危機をのりきり、一路故国に向かうのであった。(MovieWalkerより)

https://www.youtube.com/watch?v=cv7B6JTqvTk&t=212s

http://www.dailymotion.com/video/x5lcgm3?collectionXid=x4wlln

http://www.dailymotion.com/video/x5l9oah?collectionXid=x4wlln

http://www.dailymotion.com/video/x5kr2x7?collectionXid=x4wlln

http://www.dailymotion.com/video/x5ltpap?collectionXid=x4wlln

http://www.dailymotion.com/video/x5lx14a?collectionXid=x4wlln

http://www.dailymotion.com/video/x5ifyz3?collectionXid=x4wllu

http://www.dailymotion.com/video/x5iimlf?collectionXid=x4wllu

http://www.dailymotion.com/video/x5iiove?collectionXid=x4wllu

http://www.dailymotion.com/video/x5inwz7?collectionXid=x4wllu

http://www.dailymotion.com/video/x5iny2p?collectionXid=x4wllu

http://www.dailymotion.com/video/x5iiuk3?collectionXid=x4wllu

http://www.hiruboai.asia:80/index.html

http://www.hiruboai.asia:80/mapa/index.html

http://www.hiruboai.asia:80/d0_

http://www.hiruboai.asia:80/d1

http://www.hiruboai.asia:80/d2

http://www.houou.asia:80/index.html

http://www.houou.asia:80/mapa/index.html

http://www.houou.asia:80/d0_

http://www.houou.asia:80/d1

http://www.houou.asia:80/d2

http://www.hitode.asia:80/index.html

http://www.hitode.asia:80/mapa/index.html

http://www.hitode.asia:80/d0_

http://www.hitode.asia:80/d1

http://www.hitode.asia:80/d2

http://www.hougyoku.asia:80/index.html

http://www.hougyoku.asia:80/maha/index.html

http://www.hougyoku.asia:80/d0_

http://www.hougyoku.asia:80/d1

http://www.hougyoku.asia:80/d2

http://www.hougyoku.asia:80/h0_

http://www.hougyoku.asia:80/h1

http://www.hougyoku.asia:80/h2

http://www.vienen.asia:80/index.html

http://www.vienen.asia:80/mapa/index.html

http://www.vienen.asia:80/d0_

http://www.vienen.asia:80/d1

http://www.vienen.asia:80/d2